MENU

妊娠サプリメントって葉酸だけ入っていれば良いの?

妊活。どの程度を妊活と呼ぶのだろうか。
私も2人目が欲しくて妊活し、新しい命を授かった。そして、無事に2人目を出産することができた。
そんな私の妊活〜出産までをここに記そうと思う。

 

私の場合、まず排卵日を特定する必要があった。基礎体温を計ってみてもさっぱり分からない。しかし、心当たりはあった。
いつも、生理が始まる10日前にお腹が痛くなる。その日と前後を狙ってみた。予想は的中した。

 

次の生理予定日に生理が来なかったので。早速妊娠検査薬を使用したところ、陽性反応が出た。すごく嬉しかった。妊活終了だ。
すぐに病院に行っても時期が早いと確認できないことがある。もう少ししたらと思っていた矢先、お腹に痛みを感じた。不安なので病院に行ったところ、切迫流産と診断された。この日から2週間の安静を薦められた。

 

夫婦で葉酸サプリを飲むことが大切ですよね!

 

安静も2週目に入った矢先、悪阻が始まった。忘れていた。一人目の時も悪阻が酷かったのに。この日から悪阻との毎日が始まった。
赤ちゃんの心拍も無事に確認でき、悪阻と闘いながら仕事をする毎日。辛いな、早く悪阻が終わってほしい。
そんな辛い日々も、悪阻の終わりと共に終止符を打った。そう、楽しいマタニティライフの始まりだ。
休みの日には美味しいものも食べ、負担がかからない範囲で体操もした。胎動を感じるようになってからは、赤ちゃんをより感じるようになった。

 

疲れたら、休む。決して無理はしない。でも、決して怠けず、産む前日まで働いた。母子ともに健康だった証拠だ。
出産予定日の10日前から微弱陣痛が始まった。この日から病院と自宅を行ったりきたり。そして、微弱は本陣痛へと変わり、出産へと突入していった。
子宮口が7cmまで開いたところで、陣痛は遠のいていき、促進剤を使用することになった。

 

予定より、遥かに時間はかかったが、無事に我が子が産まれてきてくれた。この感動は格別だ。元気よく泣いている。
こんにちは、赤ちゃん。この瞬間、辛かった陣痛も疲れも見事に吹き飛んだ。無事に産まれてきてくれて、ありがとう。
妊活から始まり、待ち望んだ新しい命。赤ちゃん、これからよろしくね。

 

妊娠中は精神状態不安定

妊娠前にも体調が悪いときに肋骨の間が痛むときがしばしばあったが、
それが妊娠後期にはとくによく症状がでた。
痛みをとるにはとにかく横にならないと治らない。

 

横になってしばらくすると嘘のように痛みが取れる。
臨月に入ると横になっても治らず1日中痛くて、あったかいお茶を飲んで
痛みを濁したことがあった。

 

つわりの時期を超えれば、体のトラブルなんていうのはそうそうないと思っていけど、
そう甘いもんじゃなかった。夜にトイレにいく習慣なんて全くなかったのに
妊娠がわかって1か月もしないうちに深夜に必ずトイレに起きる生活になったし、
尿意はあるのに便意がなく、固い便が2日1回なんとか出る程度、
どんどん症状がひどくなって踏ん張っても出ず、出血を伴ってなんとか出る状態になった。

 

そこまで我慢して産院に相談してようやく薬を処方してもらって症状が改善した。
こんなことなら早く申告しとけばよかったと思った。

 

胎動も激しいと痛みが出ることがあった、妊娠中期は逆子の
状態から正常な位置に動くとき。夜、寝る前に動きが激しくて痛い。
妊娠後期は右わき腹の骨に胎児の蹴りがあたって歩くのもしんどいほど。
この胎動に関しては痛みを逃がす方法はなく、
胎児が大人しくなってくれるのを待つしかなかった。

 

ホルモンのバランスが崩れているせいか、つわりで仕事を辞めて
家にひきこもっているせいかはわからないが精神状態がどんどん
落ち込んでいくのも辛かった。

 

仕事をしていれば一切考えるすきなどないのに、過去の失敗や、
嫌だった人間関係、辛い思い出などが頭の中を何度も何度も思い出しては
消えてしまいたくなった。

 

本当にひどいときは何年も使用しているブログのIDを抹消しようとも
考えたけど、安定期にはいると精神的な落ち込みも消えて普段通り戻った。

 

出産後に他の新米ママに聞いてみたけど、私はほかの妊婦さんよりも
つわりが肉体的なものより精神的な起伏が強く出るタイプなんだというのがわかった。